今すぐ数社から見積もりを取って4つの節約ポイントを比較してみましょう

保険料節約ポイント2 「毎年補償内容、条件を見直してみる」

無駄に保険料を払っていませんか?補償内容・条件を再チェック

 今の自動車保険リスク細分型が主流になっています。
 自動車免許証の色や運転者を限定することでリスクが低い区分で契約することができれば、
保険料を節約することができます。

 自動車保険料を節約する大きな要素として車両保険があります。
 一般的に全部をカバーしている一般車両保険から、車対車の事故を中心に補償の範囲が限定されるエコノミー車両保険に変更すれば、保険料を大幅に節約することが可能です。
 ただし、自動車保険の保険料を安くすることだけに力を入れるのも考えものです。
 要はあなたにあった補償内容であるかということです。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0